miharasenryouten's blog

プロのクリーニング業者向けの洗剤を販売しています。そこから経験した汚れを落とす事を色々な人に知ってもらいたい。もっともっと綺麗に出来る事を知ってもらいたい。こんなに良い物がある事を知ってもらいたい。そんな思いを書いてます。是非、洗濯を楽しんでくださいね。

石鹸の原料は何?

この洗剤にこだわっている。

 

 

ゲンブ こなせっけん (1.8kg)

ゲンブ こなせっけん (1.8kg)

 

 そうです。

 

油脂から作った石鹸。

 

これで洗濯する。

 

という方へ。

 

一度ビーカーなどでこれを溶かして見ると

 

常温の水では短時間で溶けない。

 

それが見えます。

 

理想は50度以上の温水で溶かす。

 

でも洗濯の水温をここまで上げれないです。

 

なので一度お湯で石鹸を溶かす。

 

その溶けた水溶液を洗濯機に入れる。

 

これがオススメです。

 

「うちのは溶けやすいよ。」

 

という場合はその油脂のタイプが植物系の油脂かもしれないな。

 

石鹸の溶けやすい温度=常温での油脂の状態

 

植物系の油脂は常温で液体です。

 

豚などの動物系は固形(ラードなど)

 

これが溶け易いかどうかの差になります。

 

どんな油脂からできているか?

 

そんなのもこだわって見ると面白いですよ。

 

広告を非表示にする